9月10日 オンラインセミナー開催
「地方市場を徹底研究!経営革新事例で学び実践にいかす」詳細はこちら
-->

生産者とつながり
ともに変わる

日々育てた、美味しい作物の
価値を高めたい・・・。

fudoloop(フードループ)は、
生産者のみなさまが育てた作物の出荷予定を
スマートフォンから報告いただくことで、
作物の価値を高めるために
必要な情報として
記録・整理することができるサービスです。
青果卸と生産者がfudoloopを通して
「つながる」ことで、大切に育てた
美味しい作物の価値を高める交渉が
可能となります。

青果卸の経営者の皆様、
こんなお悩みはございませんか?

生産者と社員全員が深く広くつながるには?
価値ある地場野菜を安定的に供給するには?
いままでの働き方を変えるには?

こんなお悩みが解決できます

fudoloopは情報を利用して青果卸と
生産者がつながるサービスです。

fudoloopで情報を利用してつながり、
作物の価値を高められるしくみ

1 情報を集める

生産者からの出荷予定情報やメッセージをスマホで収集

これまで電話・faxで受け取っていた情報をいつでもどこでもスマホで受け取れるようになり、働き方を変えることができます。

2 情報を整理する

収集した情報を役立つ形に整理

生産者からの出荷予定のデータを蓄積し日々の市況、仕切表などのデータを整理共有することでコミュニケーションが活性化され、より深く広く生産者と繋がることができます。

3 情報を活用する

情報をもとにした販売先への交渉

青果卸は、出荷予定情報や生産計画を元に小売などと交渉し、適正価格で安定供給することができるようになります。生産者にとっては、生産・出荷業務に活用できます。

生産者とともに作物の質を
上げる工夫や小売などの
需要量に対し適切な供給が
できるような共同体制を築くことで、
「あるものをさばく」から
「情報をもとに提案するアプローチ」になり、
青果ビジネスは今よりも
もっと持続的・利益的・生産的な
ものになるものと考えています。

活用事例

  • 高知県

    須崎青果

    fudoloopの導入で出荷量把握を効率化し
    生産者・自社・販売先の三者間で
    Win-Winな関係を構築
    収益向上と生産者満足度向上も実現

  • 静岡県

    沼津中央青果

    沼津中央青果

    引き合いが強い地場産品強化策としてfudoloopを導入
    売込み調整にかかる時間を大幅削減
    生産者へのサービス向上も実現

地方市場への提言 青果流通経営コンサルタント 本田 茂 氏「逆境の地方市場から経営革新のチャンスをねらえ」

詳しく内容が知りたい。デモが見たい。など
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

    • 生産者が登録した情報はどこまで
      公開されますか?
    • その生産者様を登録した青果卸様に
      限定して公開されます。
    • 無料でのトライアルは
      できますか?
    • はい。可能です。
      30日間無料でトライアルいただけます。
    • ガラケー、らくらくフォンでは
      使えますか?
    • 申し訳ございません。
      ご対応しておりません。
    • 今後、もっと機能が
      増えますか?
    • はい。私たちはご利用いただいている
      生産者や青果卸の皆様の声を伺いながら
      機能追加、改善に努めていきたいと
      考えております。

詳しく内容が知りたい。デモが見たい。など
お気軽にお問い合わせください。

お知らせ